ホーム » 用語集 » あ行

AMH

アンチミューラリアンホルモンの略。発育課程の卵胞から出るホルモン。卵子の在庫数の目安。質は別。
FSH卵巣刺激ホルモン。(FSH:Follicle-Stimulating Hormone)脳下垂体という部位から放出され、卵巣を刺激する働きを持っていて卵子の発育を促す働きを持つ。また脳下垂体の異常を整えてあげる事により放出が良くなる。
LH

黄体形成ホルモン(LH:Lutenizing Hormone)排卵を促しエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促進する作用。 発育した卵胞を排卵させる働きがある。

IVF体外受精参照

黄体形成ホルモン

LH。脳下垂体から分泌される。卵巣に送られ卵胞刺激ホルモン(FSH)が成熟させた卵胞に排卵を促す作用をする。
黄体化ホルモン卵巣を刺激してプロゲステロン(黄体ホルモン)を作り出す役割を果たす。排卵直後から卵巣でつくられる。排卵後に卵巣に残された卵胞が黄体化して内分泌組織が形成されてプロゲステロンが分泌されていきます。体温を上げる作用がある。

黄体刺激ホルモン

黄体形成ホルモン参照

黄体化ホルモン

黄体形成ホルモン参照

黄体ホルモン

P4。プロゲステロン。
黄体卵子が排卵された後の卵胞が変化したもの。黄体から分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、子宮内膜を肥厚させて受精卵が着床しやすい状態にする。排卵から2週間前後しか生きられない。
オリモノ子宮頚部や膣からの分泌物や、子宮や膣からはがれた古い細胞などの混合物。精子をおりもので包み込むことで、卵子までの移動を補助する役目がある。
AIH人工授精参照
ICSI顕微授精参照

インキュベータ

卵を人工孵化させるための装置である。

アンチミューラー管ホルモン

卵巣内にある前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモン。卵巣年齢を知る指標となる。
エストロゲン

卵胞ホルモンの事。一般に以下の3種類が知られている。 エストロン (E1) エストラジオール (E2) エストリオール (E3)

男性にも分泌されている。

E2卵胞ホルモン内エストラジオール (E2) の事。エストラ ジオール参照。
LH-RH黄体化 ホルモン 放出 ホルモンの事。GnRHとも言う。

黄体化ホルモン放出ホルモン

黄体形成ホルモン。ろ胞刺激ホルモンの放出を刺激する。
LHサージ

黄体形成ホルモン (LH) が一過性に放出される現象。生理周期の前半で卵胞の成長により成熟卵胞から多量のエストロゲンが分泌されます。エストロゲン増加感知により、脳の下垂体から黄体刺激ホルモン(LH)が大量に分泌されます。これをLHサージと呼びます。この時、基礎体温は低下する事が多いのですが人によりマチマチです。 大量にLHが分泌されたことに卵巣が反応し排卵がおきます。

LUF黄体化非破裂卵胞参照。

黄体化未破裂卵胞

卵子を排出しないまま黄体化してしまった卵胞が、高温期になっても卵巣内に残ってしまう状態。LUF。

AHA

胚移植時に胚の透明帯の1部に開孔して着床率の向上をはかる方法。ART(生殖補助技術)の1つ。

オーキドメーター

精巣測定器。
hMG排卵誘発剤。一番強力。hCGと一緒に使われる。
hCG

卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促す作用。妊娠の継続が維持。hMGと一緒に使われる。

一卵性双胎1つの受精卵が2つに分裂して成長したもの。いわゆる双子。血液型・DNA・性別は必ず同一となる。

アッシャーマン症候群

中絶や流産等の子宮内掻爬操作により、子宮壁が癒着した状態。無月経、過少月経、不妊の原因となる。受精卵が着床できず、不妊症となる。子宮内膜は正常に働いている状態。

アンタゴニスト法

採卵のタイミングを調節する方法。
HSG子宮卵管造影参照。
エストラジオール卵胞ホルモン別名エストロゲンの1要素。数値が低いと卵巣機能低下症 や胎盤機能不全の疑いがある。
インスリンすい臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられています。脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進したり、脂肪の分解を抑制します。全身のほぼすべての臓器細胞にブドウ糖をとり込ませます。
ET胚移植参照。
ART生殖補助技術参照。
OHSS卵巣過剰刺激症候群参照。

異所性子宮内膜症

受精卵が子宮腔以外の部位で着床することによって起こる症状。卵管妊娠、頸管妊娠、卵巣妊娠、腹膜妊娠に分類される。
黄体機能不全プロゲステロンが正常に分泌されない。
OAT症候群乏精子症(Oligozoospermia)、精子無力症(Asthenozoospermia)、奇形精子症(Teratozoospermia)の頭文字をとってつけられた男性不妊の原因の総称。
hMG-hCGゴナドトロピン(hMG-hCG)療法とは、排卵障害による月経異常や不妊がある女性に対して、卵胞の成長と排卵を注射で促す手法です。