ホーム » どうやって乗り切ったか?

 今日の出来事を夫婦で話し合って共有した。主人の頼りがいを見直す良い機会を見つけました。
 もし子供が出来なくても主人と2人の生活も悪くないかなと素直に感じた。
 ナゲヤリになっていた私に主人から出来る事があるなら頑張ろうよと言われた時、勇気をもらいました。
 あまり本腰ではなかった主人が私以上に本気になってくれた時。
 ネット状の不妊で苦労されている方のページを見て勇気づけられました。
 待合室にいる他の方達を見て、自分だけじゃないと思った。この中で私が一番に卒業してやると粛々と闘志を燃やしていた。
 職場のみんなにはオープンにすることにより、却ってフォローしてくれていて助かっています。
 知り合いで以前不妊で苦労していた方がいたので良い相談相手になってくれました。
 体外受精がダメだと分かったその夜は、友達とずいぶんお酒を呑みました。何もかも忘れて数日間。良い気分転換が出来ました。
 旅行や食事を定期的に入れた。
 カラオケでシャウト。のどが痛くなった。
 子宝温泉。子宝に良いとされているお寺や神社めぐりを楽しんだ。
 野球サッカーで気分転換。
 デパ地下で発散。
 動物園や水族館で人間以外と接触。
 今しか出来ない海外旅行10間程行ってきました。
 施術は時間と期限を決めた。決める事で逆算できるので、そこまではやると決めました。
 一旦施術を休んでみた。
 あまり考えすぎず今の方法が一番良いと信じて日々生活する。
 不妊施術を敢えて楽しむ様にした。
 深く考えない。気にしないようにした。
 陽性反応が出るまで絶対に人前では泣かないと決めていた。
 過去は振り返らないと誓った。
 ペットを飼った。
 夫は否定的だったが不妊とは伝えないで、単なる整体を受けて貰っていた。
 男性不妊が半分なんだから夫への協力を求めた。